50歳になったらメンターになろう!

 

時の流れが速い昨今では、業種・職種にもよりますが、50歳くらいになるとビジネスの世界においては、働く意味合いが変わってきます。相応に成果も求められますが、後進への育成も同時に求められてきます。これまでの経験やスキルを若い方へ伝えていく時期なのです。50歳になったら、メンターとして若い方と接してみてください

メンタリングは楽しく聴き合い、語り合うことです。メンタリングは何も組織の中だけのものではありません。一度、家族の方とメンタリングしてみてください。「何を今さら。」と思うでしょうが、メンタリングすると意外にも新たな発見が随分出てきて、家族との関係が新鮮になったり、強まったりします。

 

50歳くらいからはビジネス界との関わり合いが徐々に変わり、否応なく、違う世界での出番も求められてきます。人によっては、そのようなステージが見つからず、孤立感が強まってくるかもしれません。人生は後30年ほど続きます。50歳になったら、そろそろ角度を変えて、仕事から人間関係に力点をシフトしてみたらいかがでしょうか?

 

身近な人、若い人、違う立場の人など様々な人とメンタリングをしてみましょう。そうすることで見方の幅が広がり、自然とメンターとして人間的な魅力が備わっていきます。すると、人が自然と寄ってきて、気がつくと様々な人たちの輪の中に居るようになってくることでしょう。

 

 

 50歳になったら、人間的な魅力を備えたメンターとなって、

様々なステージでいきいきと人生を送っていきましょう!

 


     当会事務局 プレスタイム