なぜ、今「メンター制度」が必要なのか?

 

~ 人材確保の “四つの懸念(不安)” ~

.  組織は、人材不足の波が怒涛のごとく押し寄せてきている現在、人材確保、人材育成の大切さを「真剣」に共有しているか?

 

.  組織は、ワークライフ・バランス(仕事と私生活の両立)やダイバーシティ(様々な人材の登用と多様な働き方)への対応を経営戦略に組み込んでいるか?

 

.  組織は、時代についていけない余剰社員に対する「配慮ある処遇方法」、および「人を生かす人事制度の革新」を、前向きに具体的に考えているか?

 

.  組織は、社員と同じ目線で話し合い同じ思いで会社を考え、「人を育てる組織風土の創造」を目指しているか?



 メンタリングで“四っの懸念”の解消へ

“四つの懸念”は、組織のキーパーソンが、今までの自分の考え方や見方に固執し、

違う意見や時代の流れを受け容れられないことから生まれます。

 

 “四つの懸念”が生まれる理由

メンタリングは、人と人が支えあい称えあう心で、お互いの考え方や見方を受け容れ、自分の考え方や見方を広げることが目的の1つです。メンタリングは“四つの懸念”の解消につながるものなのです。“四つの懸念”に1つでも当てはまる項目がありましたら、メンター制度の導入もしくは見直しをお勧めします。 

【メンター制度のメリット】 

●新入社員の採用および育成を強力に推進します。

●メンターのリーダーシップやマネジメント能力が向上します。  

●社員同士が、“支えあい、称えあう” 組織文化を創ります。



  日本メンター協会の事業活動の詳細はこちら 

  「企業内メンター制度導入無料説明会参加者募集中!


     当会事務局 プレスタイム