平成30年度 メンター制度助成金のご案内

 

 

「メンター制度」を助成対象としていた「職場定着支援助成金」は、「人材確保等支援助成金」という名称で、他の助成金制度(※1)と統合されました。

メンター制度は、引き続き「雇用管理制度助成コース」の助成金対象の人事管理制度の一つとなっています。

         ※1「人事評価改善等助成金」、及び「建設労働者確保育成助成金」の一部コース

 

詳しくは、管轄のハローワークにお問合せください。

 

【目標達成助成】助成額57万円(生産性要件を満たした場合は72万円

 受給要件は、以下の措置を行うことです。

(1)雇用管理制度整備計画の認定

   導入する雇用管理制度として、「メンター制度」の雇用管理制度整備計画
   を作成し、管轄の労働局の認定を受けること

 

(2)雇用管理制度の導入・実施

     (1)の雇用管理制度整備計画に基づき、当該雇用管理制度整備計画の実施
   期間内に、雇用管理制度を導入・実施すること。

 

(3)離職率の低下目標の達成 

     (1)、(2)の実施の結果、雇用管理制度整備計画期間の終了から1年経
   過するまでの期間の離職率を、
雇用管理制度整備計画を提出する前1年間
   の離職率よりも、対象とする目標値以上(詳細はハローワークへ)に低下
   させること。

 

今後も、日本メンター協会としては、メンタリング普及に寄与する助成金の研究および活用は続けていきます。今後ともよろしくお願いいたします。


     当会事務局 プレスタイム