第1回「日本におけるメンタリングとその展開」①

 ・メンターの起源
 ・日本国内におけるメンタリング/メンター制度の変遷

 

 

【メンターの起源】

 

メンター(mentor)の語源は、トロイア戦争後のオデュッセウス(Odysseus)王の流浪を歌ったホメロス(Homer)の叙事詩『オデュッセイア(The Odyssey)』の登場人物である「メントル(Mentor)」とされています。メントルはオデュッセウス王の息子テレマコス(Telemakhos)の教育を託された賢者とされています。

 

「メンター」という言葉は、一般的に、年長の支援者、助言者と訳されます。メンターの対の言葉として、メンターより年少の被支援者を「メンティー(mentee)」もしくは「プロテジェ(protege)」と呼んでいます。現在はメンティーの呼び名の方が一般的です。

メンターがメンティーに対する支援全般の行動、例えば、相談に乗る、指導する、人に紹介する等を「メンタリング(mentoring)」と呼んでいます。メンタリングは、仕事に留まらず、将来のこと、プライベートなこと等、特にその範囲は限定されません。

 

 

現在では、特に企業等におけるメンター制度上のメンタリングについては、「メンターとメンティーの対話」と捉えられています。その目的も、メンティーに対する支援だけではなく、メンターの教育的効果も期待されています。

 

【日本国内におけるメンタリング/メンター制度の変遷】

 

メンタリングは、米国において、不良青少年の更生活動として始まったと言われています。その後、1970年代から企業でも導入されるようになりました。日本国内では、1990年後半より、主に外資系企業中心にメンター制度として導入されました。

 

国内のメンタリング/メンター制度の変遷

1990年後半  米国より移入

外資系企業中心に導入

2000年半ば  大企業中心に本格導入

中堅社員の部下育成力向上

2010年始め  女性活躍推進目的での導入増加

2010年半ば  新入社員定着目的での導入増加

厚生労働省助成金始まる

 

2000年半ば以降、それまで学卒新入社員採用を抑えていた企業を中心に、後輩指導の少ない社員の指導力育成のために、メンター制度の導入が本格的になりました。当時のメンター制度は、新入社員に対する面倒見役や初歩的な業務指導役としてのものが多かったようです。それは、それまで多くの企業で実施されていたブラザーやエルダー制度(企業により名称はいろいろありますが、)とそれ程変わらないものが多く、先輩社員の名称を「メンター」と置き換えたものでした。(ブラザーもエルダーにおける機能もメンターの一部ではあります。)

 

2010年に入りますと、女性社員の定着や管理職登用など女性活躍推進のために、メンター制度を導入する機運が高まりました。厚生労働省もメンター制度導入マニュアルを頒布するなどをして推進しました。

 

 

2010年半ば、雇用環境が改善し採用難の状況になると、採用コストの増大もあいまって、特に若手社員の早期退職が企業の深刻な問題になりました。そのため、メンター制度は、新入社員の定着化が第一の目的になりました。厚生労働省もその目的で、助成金制度を始めたのです。(2019年度は維持継続されるかは不明です。)現在でもその流れは依然として続いています。

 

                             ※本文は人材開発情報誌『企業と人材』2019年4月号に掲載されました。