メンタリング(mentoring) とは

 

メンター(先輩)とメンティー(後輩)が楽しみながら、

 

自由に対話し、共に成長すること。」

  

 

 POINT1 自由な対話であること

職場での対話というと、仕事にフォーカスしてしまいそうですが、プライベートなことも含めて、感じたこと、思ったことを何でも話し合えることがポイントです。

 

 POINT2  楽しめること

何でも話し合えるためには、お互いに楽しめる時間であることが必要です。メンタリングを続けることで深まります。続けるためにも、楽しめる時間にしたいものです。

 

 POINT3 共に成長すること

 メンタリングは、メンティーのためだけのものではありません。メンターの成長も目的となっています。むしろ、「メンターの成長の方に効果があった」とするアンケート結果もあるほどです 

 

 メンタリングの本来の意味は、メンターのメンティーに対する「支援全般」を指していました。対話以外でも、例えば、書籍や教材の紹介、人・団体への紹介や推薦、集会やイベントへの同行、単なる訓練や教育など全てを含んでいました。

しかし、特に、日本国内における組織のメンター制度においては、「メンターとメンティーの対話」を指すようになりました。


 

【メンタリングに必要なスキル】

 

メンタリングでは、何でも話し合えるような「信頼関係をつくるコミュニケーションスキル」が求められます。ポイントは以下の4点です。

・素直に、誠実に話せること

・気持ちを通じ合わせて聴くこと 

・異なる意見でも受け容れる態度

・笑顔とあいさつ


自然なコミュニケーションが一番大切

 

 いずれも、基本的なコミュニケーション・スキルです。メンタリング・スキルは、「どのような場面でも必要とされる、基本的なコミュニケーション・スキル」と言えます。 

 メンタリングの場で求められるものは、周囲に誇れるような実績や経験、知識ではなく、「今の自分や過去の経験」を「誠実に語る」こと、相手の「素直の気持ちや思い、考え」を前向きに受け容れる」ことが求められます。 

 また、メンタリングの始まりには、お互いに敬意をもって、明るい「あいさつ」から始め、終わりには、感謝の気持ちを込めて「お礼」を伝え合うことは大切なことです。また、基本的は「笑顔」で接することが必要不可欠です。これは、普段のコミュニケーションと同様なことでもあります。

 

特別なスキルについて

 

 メンタリングにおいて、カウンセリングスキル、コーチングスキル、ティーチングスキル、フィードバックスキルなどのスキルも有用ですが、必ずしも必要というわけではありません。

場合によっては、スキルに振り回される場合もあり、自由なコミュニケーションが阻害されることもありますので、注意が必要です。

 あえて必要と考えられるものは、キャリアに対する理解がありますが、それよりも、基本的なコミュニケーションができているかの方が、より大切なスキルです。


 

 

メンタリング教育ついて

  

 メンタリングの教育項目は以下のように紹介しています。

 

① メンタリングに対する理解と必要なスタンス(態度・姿勢・心構え)

② コミュニケーションの基本スキルとスタンス(態度・姿勢・心構え)

③ 模擬メンタリングの実施によるペアの信頼関係醸成

 

 基本的には、メンターとメンティーのペアの参加を基準としています。人事担当者から、「メンターに対し、メンタリングスキルを教えて欲しい」との声を聞きますが、まずは、コミュニケーションの基本(スタンス=態度・姿勢・心構え)を確認することが一番大事です。その基本ができてなければ、効果的なメンタリングは成り立ちません。

 また、ペアの「何でも話せる関係」を育めば、自然なコミュニケーションはできるようになります。「2人の信頼関係を醸成すること」が、よいメンタリングの早道です。

 

※ご参考になるメンタリング・スタート研修の案内はこちら→

 

メンター制度のメンタリングでは、メンタリング教材を活用することも珍しくは無くなってきました。というのも、メンター制度の場合、メンターとメンティーの信頼関係ができていないうちから、スタートすることが多いからです。スムーズに、効果的なメンタリングが始められるような教材が理想的です。


「メンター制度 導入・見直し 参考資料」

をご希望の方は、こちらをクリックしてください。 

ダウロード申込フォームに移動します。

当サイトに掲載されていない情報がございます。

 

※メンター制度についてのお問い合わせは、
 お気軽にお問い合わせください。

【日本メンター協会】

Tel 03-3409-1033 

Mailm-jimukyoku@mentor-kyoukai.jp

 

 



当協会事務局    

株式会社プレスタイム