メンター制度導入実態調査


◆基礎データ

 1.調査形式:調査会社が持つリストに対するインターネットWEBフォームによる回答回収方式。

 2.調査日 :2022年9月26日~29日

 3.回答母数:8,337件      ※メンター制度導入有効回答件数500件に達するまでの全回答件数。

4.有効回答:  500件  ※対象を抽出する設問:以下2つの設問に「はい」と回答し全設問に回答した件数。
設問1:現在、メンター制度を導入していますか。
設問2:あなたは人事・総務に携わる業務、あるいは、メンター制度(ブラザー
    制度等を含む)を
検討したり、管理する業務に携わっていますか。


設問1 現在のメンター制度の導入効果についてあてはまるものをひとつお知らせください。

メンター制度を導入している組織の担当者として、導入効果について、回答7(非常に効果的)~4(普通)と回答している人(回答:7~4)が、 88.2%います。大変多くの担当者がメンター制度の導入に
効果を感じている
ことが分かります。

設問2 メンター制度を導入する目的を教えてください。

集計の仕方:導入目的の1位~3位まで回答いただきました。その上で、各回答の1位を3点、2位を2点、3位を3点とし、集計したものです。

5年~6年前とは、導入目的が変化してきています。今は、職場のコミュニケーションの活性対策が1位2位にメンタルヘルス対策、3位がOJT・業務教育策となっています。

メンタルヘルス対策が3位になっていることからも、職場がコミュニケーションの取りにくい環境になっていることを伺わせます。また、それだけに職場のコミュニケーションを活性化する価値が高まっている、とも推察されます。

設問3 職場のコミュニケーション活性策として有効なものを教えてください。

集計の仕方:有効策を1位~3位まで回答いただきました。その上で、各回答の1位を3点、2位を2点、3位を3点とし、集計したものです。

職場のコミュニケーション活性策として有望だと担当者が考えるものとして、話しやすい雰囲気のフリースペースの設置が1位として挙げられている。2位にコミュニケーションや人間関係に関する教育の実施3位にメンターとの定期的な対話に実施となっている。コミュニケーションを取りたいときはフリースペースを活用することで、自然とコミュニケーションが発生することを期待してのことと推察される。2位はコミュニケーションスキルを上げるもの、3位は人間関係を促進するものとして選ばれていると推察される。

設問4 社員の定着促進策として有効なものを教えてください。

集計の仕方:有効策を1位~3位まで回答いただきました。その上で、各回答の1位を3点、2位を2点、3位を3点とし、集計したものです。

社員の定着促進に有望な対策として、コミュニケーションや人間関係に関する教育の実施が1位に、2位にメンターとの定期的な対話の実施が選ばれている。上位はコミュニケーションスキルに寄与する対策が選ばれ、教育実施や人間関係構築の必要性がうかがえる。3位に不安や悩みに関する相談窓口の設置となっている。