メンター制度 とは

 

メンターメンティーが、共に成長するために、

効果的なメンタリング(自由な対話)を行う仕組み」

 

 POINT1  信頼関係をつくること

メンター制度の場合、メンターとメンティーは、多くの場合、初めて出会った同士か、あまり知り合ってない関係です。その関係づくりが一番のポイントです。 

 

 POINT2  ~続けること

各ペアには、メンタリングを定期的に継続的して行うこと、組織としては、制度を何年も継続することで、大きな効果が生まれます。 

 

 POINT3  ~「共に成長すること」が1番の目的

メンタリングには、以下で紹介するように、様々な効果があり、組織としての目的を設定します。しかし、一番の目的は、メンター・メンティーの成長です。

 

 

 多くの組織では、メンターとメンティーに信頼関係が少ないところから始めります。ですから、当初のメンタリングでは、様々なことを自由に話し合えるような場にすることは難しいかもしれません。

 信頼関係がないところから始まるのであれば、メンター制度の期間の中で、徐々に信頼関係を育めるようにすることが必要です。ですから、メンター制度は、信頼関係を深めていく期間と捉えることも必要かも知れません。 

【メンター制度の効果・目的】 

 

 メンター制度には、以下のような、様々な効果があります。メンター制度を構築する際は、「誰のために、何をしたいのか?」という具合に、目的を精査します。

しかし、制度の目的をメンターとメンティーに強要することをしてはいけません。そうでなければ、自由なメンタリングができないからです。2人の目的は「共に成長すること」でしかありません。それを実現するためには、「何でも話せる信頼関係」をつくることは必要不可欠です。

 

 

Employee

 

Retention

 

① 社員定着の促進 

メンター制度の目的の中で最も多いものです。中でも、新卒新入社員の定着促進が多いですが、中途社員や若手社員の定着促進こそより切実な課題と思われます。


 

Promotion 

 

of women

 

② 女性活躍推進 

女性社員の管理職登用を目途としての活躍推進が多いです。現在は、女性社員に特化するだけではなく、多様性尊重(ダイバシティ)の目的に発展してきています。


 

Leader

Develop

-ment

 

③ リーダー・マネージャーの育成

メンターの育成目的としてあげられるものです。メンター経験はコミュニケーションのスキルとマネジメント・スキルの向上に直接資するものです。


 

Communi

-cation

 

④ コミュニケーションの活性化 

コミュニケーションの不足の課題は、多くの組織に真っ先にあげられるものです。それは、生産性の低下やトラブル発生など様々な問題の根源となっています。


 

Mental

 

Health

 

⑤ メンタルヘルス対策 

メンタルヘルス対策のストレスチェックの項目の一つとして、「組織に相談できる人の有無」があり、メンター制度の必要性がよりクローズアップされました。


 

Skill

 

Philosophy

 

⑥ 組織の理念・技術・ノウハウの伝承 

OJTを幅広く捉えれば、伝えるものは具体的なもの抽象的なもの様々あります。メンタリングで何を伝えるべきかを整理して、メンター制度構築をするべきです


 メンター制度のポイント

【メンターの選定】 

制度の目的をかなうために、メンターを選定します。様々な組織でコンサルテーションをした経験では、制度の目的が同じであっても、組織の状況によって、想定するメンター像は違ってきます。女性活躍推進が目的であっても、女性メンターが必ずしもいいとも言えないケースもあります。

また、多くの場合、想定したメンター像にかなう社員数には限りがあることが現実です。その場合、教育・研修で保管することが一般的です。


【教育・研修】 

メンターに対するメンター/メンタリングの概念やメンタリングのやり方を教育することが一般的です。厚生労働省の助成金を申請する要件としては、メンターに対する研修は必須です。必要なスキルは、特別なものではなく、普通で自然なコミュニケーションを取れることが大切です。

また、メンティーとの信頼関係をつくる目的もかねて、ペアでメンタリング教育を施すケースが増えています。


【メンター制度実行委員会】 

メンター制度の構築・運営のために、委員会を立ち上げることをお勧めしています。制度構築から始まり、メンタリングやメンティーの状況の確認、もし、問題が発生したりしたら、委員会が中心となり解決に臨みます。またメンタリングを組織に理解してもらうことは、メンター制度成功のポイントです。そのために委員会を活用します。組織で力のある人にメンバーをお願いすることが秘訣です。


「メンター制度 導入・見直し 参考資料」

をご希望の方は、こちらをクリックしてください。 

ダウロード申込フォームに移動します。

当サイトに掲載されていない情報がございます。

 

※メンター制度についてのお問い合わせは、
 お気軽にお問い合わせください。

【日本メンター協会】

Tel 03-3409-1033 

Mailm-jimukyoku@mentor-kyoukai.jp

 

 



当協会事務局    

株式会社プレスタイム