『オンライン・メンタリング』のすすめ

 新型コロナウイルスにより、世界中の社会・経済が大変な状況に陥っています。そのため、先が見えないこの状況に、悩みや不安が多くなっている方が多いと思います。ましてや、この4月に入社したばかりの新入社員の不安は相当なものでしょう。このような状況下では、誰しも、誰かとコミュニケーションをとって、気を落ち着けたいと思うのが普通でしょう。

 

  また、感染拡大防止のため、通常勤務が制限されている企業も多く、テレワークをする方が多くなってると思います。職場で、他のメンバーと共に働いていた方にとっては、かなり勝手が違うと感じているのではないでしょうか。テレワークをされている方の声から、業務を進めるうえで、「他のメンバーとのコミュニケーションの取りづらさ」をよく耳にします。


 

  メンタリングは自由な対話です。このような時だからこそ、日本メンター協会では、web会議アプリケーション(ZOOM、Skype、LINE、Teamsなど)を用いた、オンラインでのメンタリングを推奨しています。メンタリングは、不安を減らし、心を晴れやかにしてくれます。また、メンタリングをすることによって、その相手の方とのコミュニケーションが密になるベースが生まれます。ちよっとした仕事の「困りごと」「アイデアだし」などが、気軽にできる関係になれると思います。ひいては、業務の効率アップを促してくれると思います。

 

 現在、当協会では、『オンライン・メンタリング』のやり方・考え方の相談を承っております。テレワークも含め、仕事場の離れた社員同士のコミュニケーションの活性化に協力にサポートいたします。

 

 


コミュニケーションがしたい

 

 この先が見通せない状況のなかで、「誰かとコミュニケーションをしたい」との声をよく耳にします。本来、人はコミュニケーションをしなければ、生きていけない社会的動物です。当然といえば、当然なのでしょう。

 では、なぜ、この状況では、よりコミュニケーションが渇望されているのでしょうか。

 

それは、「安らぎたい」「希望を見出したい」の2点に集約されると考えています。

 

1.安らぎたい

 

■ 誰かの顔を見たり、声を聴いたりしてホッとしたい

■ 気持ちを分かち合うことで、不安や悩みを和らげたい

■ とりとめのない話を聴いてもらいたい

■ 生活や仕事など様々な情報を共有し安心したい


2.希望を見出したい

 

■ 誰かの話を聴いて思いをめぐらせたい

■ 話し合うことで何かの気づきを持ちたい

■ 自分のアイデアやプランを伝え、意見を聞いてみたい

■ 話し合うことで、何か前向きな気持ちになりたい


3.職場でも同じ問題が潜在化している

 

 今の職場では、雑談的なコミュニケーションをおざなりにしてしまう風潮があるように感じます。人によっては、無駄と感じている人もいるでしょう。

  人が、何かに集中できる時間は90分までといわれています。就業時間中、全ての時間を、わき目もふれずに仕事に集中することはあり得ません。ちょっとした雑談や軽い情報交換も織り込みながら、仕事することが普通なのです。

  ですから、1人で、長時間、テレワークを続けるのには、無理があったり、生産性が落ちたりすることもあるわけです。それは、通常の職場でも同じことです。周囲にメンバーのいる職場でも、テレワークと同様に、雑談が少ない環境では、気が付くないうちに、仕事がつらかったり、やりにくくなっているかも知れません。

  テレワークは、雑談的なコミュニケーションのありがたさを、改めて感じるいい機会なのではないでしょうか。 

  

  



web会議アプリケーション(Zoom、Skypeなど)を活用して、離れたところでメンタリングが可能です。

メンタリング教材すれば、より気づきのある対話になります。



【教材活用で効果的なメンタリングを】

 

 職場でのちょっとした雑談は、意外にハードルが高いものです。いいタイミングで、気の利いた話題を提供することは、かなりのコミュニケーション能力が必要でしょう。

 メンタリングは、自由で、素直なコミュニケーションです。職場でそのような場がなかなか持ちにくいのが現状です。しかも、それをテレワークのさなかに、誰かに持ち掛けることは、なおさら至難の業です。職場によっては、人によっては、日頃でも、やりにくいと感じている雑談的なコミュニケーションを、オンラインで行うのは無理があるかも知れません。

 日本メンター協会では、効果的なメンタリングをスムーズにリードできる教材を監修しています。そのような教材を活用してのオンライン・メンタリングであれば、テレワーク中でも、やりにくさのハードルはグッと低くなると思います。

 

※メンタリングの詳細はこちら

 

8回分のメンタリングができるノートです。

メンタリングが進むにつれて、2人の信頼関係が醸成されるようにデザインされています。

スマホで手軽に効果的なメンタリングができます。

制度担当者には、各ペアのメンタリングの実施状況が、パソコンで一元管理できる支援ツールです。


【オンライン・メンタリングならではの学び】

 

 テレワークの機会が増えたおかげで、オンラインミーティングに参加する機会も、かなり多くなったと思います。そこで、コミュニ
 ケーションについて、気づいたり、気になったりすることはありませんか。

 

例えば…

 「相手の話をよく聞いてから発言するようになった。」

 「相手の表情を一覧できて、恥ずかしかったり、相手の表情が気になったりした。」

 

そんな感覚を少なからず感じた方は、意外に多いのではないですか?

オンラインでのメンタリングでも、より、上記のことを感じさせてくれるかも知れません。

普段の対面でのメンタリングでは、なかなか気がつけないコミュニケーションの学びをもたらせてくれると思います。

 

        日本メンター協会では、オンライン・メンタリングのやり方、留意するべきポイントなど、

無料でご相談を承っております。お気軽に、お声をお掛け下さい。 

  

 

【日本メンター協会】

            

Tel 03-3409-1033            

Mailm-jimukyoku@mentor-kyoukai.jp