2017年4月1日からの
厚生労働省の「メンター制度」に関わる助成金について

 

 

厚労省は、雇用管理改善を推進し、人材の定着・確保と、魅力ある職場の創出を目的とし、評価・処遇制度研修制度健康づくり制度メンター制度 を正式制度として導入する会社を後押しするために以下の助成金政策を打ち出しています。


助 成 金 名

職場定着支援助成金
(個別企業助成コース)

 

建設労働者確保育助成金

(雇用管理制度 整備助成コース)

 

 

 


制度導入助成
(平成30年4月より廃止)の助成額

導入・実施した雇用管理制度に応じて
    1制度につき10万円

 

導入・実施した雇用管理制度に応じて
    1制度につき10万円

 

 

 


目標達成助成
の助成額


離職率低下の目標値を達成した場合
          57万円

生産性用件を満たした場合
          72万円

 

定着率の目標の達成値について

1回目(12か月算定後)達成した場合

   
57万円〈72万円※〉

・2回目(36か月算定後)達成した場合

  
85.5万円〈108万円※〉

 〈※〉生産性用件を満たした場合〉

 

 

 


厚労省発行の詳細資料

職場定着支援助成金のご案内

 

建設労働者確保育成助成金
のご案内

 

 

平成30年度 メンター制度助成金の動向について

 

 

「職場定着支援助成金」メンター制度助成金は廃止の方向で審議されているようです。

「厚生労働省 平成30年度歳出概算要求書」が出され、来年度の助成金の動向が少しずつ明らかになってきています。メンター制度を含む「職場定着支援助成金」を含め、以下の助成金が廃止の方向のようです。

 

■ 人材開発支援助成金(キャリア形成支援導入コース)

・セルフキャリアドッグ制度

・教育訓練休暇制度等

 

■ 人材開発支援助成金(職業能力検定制度導入コース)

・技能検定合格報奨金制度

・社内検定制度

 

■ 職場定着支援助成金(個別企業助成コース)

・雇用管理制度

 (評価・導入制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度

 

まだ、予算要求の段階なので、確定ではありません。また、違った形でメンター制度に関する助成金が維持されることも考えられます。新たな動向が出てき次第お伝えしていきます。

今後も、日本メンター協会としては、メンタリング普及に寄与する助成金の研究および活用は続けていきます。今後ともよろしくお願いいたします。


     当会事務局 プレスタイム